婚活を始めるなら出会いの多い結婚相談所がおすすめ

MENU

いつまで独身でいるの?!

 

交際したい!いつかは結婚したい!と願う男女は多いのですが、なかなかお付き合いが始まらない第一の理由は、出会いがない!ということなのです。

 

昔は、職場や地域での出会いや紹介があって、ご縁が結ばれ交際が始まったものですが、ここ数年の調査によると、「自然の出会いから交際した」という方はかなり減少傾向にあるようです。

 

結婚をあきらめない

 

自然な出会いが少なくなっているので、そこから結婚に発展する恋愛結婚も減少傾向なのだそうです。

 

また現実問題として、近年交際経験のない独身男女も急増しているそうです。

 

彼女が欲しい!彼氏が欲しい!という方は、まず出会いの機会を増やす必要があります。出会いを見つけるなら、まずは恋活アプリがおすすめです。

 

女性なら無料で、男性でも数千円の月会費で気軽に始められられます。

 

恋活アプリの人気の理由は、合コンや婚活パーティーよりも「出会いが近い」からです。恋活を始めるなら、まずは必ず利用したいサービスです。

 

 

恋人が欲しいなら恋活アプリを使いましょう

いますぐには結婚は考えてないけど、まずは恋人が欲しいという方におすすめなのが、Omiaiに代表される恋活アプリです。

 

Omiaiは、累計会員数300万人以上の国内最大級の恋活アプリです。(2018年10月時点)

 


恋活アプリOmiai

 

 

「出会いがない」というと結婚相談所を思い浮かべますが、費用も高く、会員の年齢層も若干高めということで、なかなか利用しづらいという方も多いのでは。

 

またいきなり結婚というよりは、「まずは交際をしてお互いを理解する」というのが自然の流れではないでしょうか。

 

恋活アプリの「Omiai」なら、結婚相談所に比べると非常に安価で利用できて、はやく恋人が見つかると人気です。

 

 

■Omiaiの料金・プランは?

Omiaiには、年齢を問わず女性は無料ですが、男性には「安心・安全」「真面目な恋活」「快適な操作」この3つの品質を守るため有料サービスとして提供されています。

 

さらにはプレミアムパックというオプションもあり、これを利用すると異性へのアピール度をアップさせることができます。また検索機能も追加で使えるようになるので、自分の条件に合うお相手をよりピンポイントで探すことができます。

 

☆有料会員の料金プランは4種類。さらに支払い方法も4種類あります。

 

 

※1の決済方法でお支払いの場合、ご自身でお手続きされない限り、契約期間満了後、お申し込み時と同じプラン・金額・期間で自動的に更新されます。自動更新のオフ設定をしていただくことで次回以降の有料サービスの自動更新およびその料金のお支払いを停止することが可能です。方法は決済手段毎に異なりますので詳細はOmiai公式サイトのヘルプをご確認ください。

 

月額会費の支払い方法で最も安いのは、12か月プランをクレジットカード払いした場合です。逆にもっとも高いのは、1ヶ月プランをAppleのアプリ内課金やGoogle Play決済した場合となっています。

 

支払い方法によって金額差が大きいので必ず事前に確認しておきましょう。

 

 

■Omiaiの特徴は?

Omiaiの特徴はいろいろありますが、はやり注目すべきはマッチングの実績です。

 

なんと毎日25,000組以上がマッチング!
(※2018年1月〜2018年3の平均実績値)

 

恋活したいのですから、恋活アプリ選びで最も重要なのは、「出会いの可能性」です。

 

結婚相談所なら成婚率、恋活アプリならマッチング率を重視するのはは当然です。

 

Omiaiは特にアクティブで恋愛に真剣な会員が多いので、マッチング率が高いのです。

 

 

さらにもう一つの注目すべきは、安全性が高いこと。なかでも年齢確認を徹底していることです。

 

年齢確認のために有効な書類は、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「マイナンバーカード」の4つ。また他のアプリではOKとされている「生年月日以外の黒塗り隠し」もNGとなっています。

 

またOmiaiでは、Facebookと身分証明書の内容が一致しているかのチェックを人の目で行っています。そのため、プロフィールの詐称や複数アカウントの登録も不可能となっています。

 

このようにマッチング率の高さと安全性の高さが大きな特徴と言えます。

 

 

恋活アプリOmiaiの注目ポイント!

 

毎日25,000組がマッチング成立
※2018年1月〜2018年3月の平均実績値

 

●24時間365日の厳重な監視体制
●不正ユーザーは警告または強制退会
●メッセージ交換は年齢確認の通った人だけ
●Facebookの友達同士は表示されません
●イニシャル・ニックネーム表記で実名は表示されません
●Facebookには一切投稿されません

 

 

※18歳以下の高校生は利用できません

 

 

 

社会人になると出会いが減る理由

学生時代に比べ出会いが減る理由は、いくつかあります。

 

合コンがなくなる!

合コンがない

学生時代には頻繁にあった合コンや遊びのイベントは、社会人になった途端、減少の一方。

 

 

仕事が忙しくなる!

仕事が忙しい

 

また仕事が忙しくなる方が多く、朝早くから夜遅くまで仕事に追われ、なかなか自分の自由な時間がとれなくなります。

 

 

毎日に変化がない!

日常生活に変化がない

 

また、毎日が自宅と会社の往復ばかりとなり、生活環境に変化がなくなります。

 

特に女性の場合は、30代になると出会いはさらに減少し、35歳を過ぎると激減してしまいます。

 

 

お節介おばさんがいない!

仲人

昭和の時代までは、頼んでもいないのに「いい人がいるわよ」と、お相手を紹介してくれたり、縁談を持ってきてくれる、ちょっとお節介なおばさんが、近所や親せきに必ずと言っていいほど、いてくれたそうです。

お見合い

ですから、婚期を逃しそうな男女がいると積極的にお節介を焼いてくれて、お見合いに発展させてくれていました。

お見合い写真 釣書

恋愛結婚よりも、「お見合い結婚」のするほうが一般的だったそうですが、最近はあまり「お見合い」という言葉さえ耳にしません。。

 

 

 

インターネットの普及!

 

結婚をあきらめない

インターネットや携帯電話のない時代は、「会って話す」ことが当たり前だったので、「出会いの機会」はたくさんありました。

 

しかしインターネットが普及したでは、大半の連絡はネットで済ませるようになってしまい、便利な反面、出会いの機会は少なくなってしまいました。

 

恋活や婚活?目的によって利用するサービスをしっかり選ぼう

「自然な出会い」も「お見合い」の機会も減少しているので、どうやら出会いを待つだけでは、交際の可能性は低いようです。

 

30歳が見えてきたのに交際相手がいないなら、やはり恋活や婚活をスタートすべきです。

 

「自然の出会い」も「お見合い」も「仕事や用事で会う機会」も減ってしまいましたが、その元凶の一つインターネットが恋活や婚活にはとても役に立ちます。

ネット婚活


ネットでのマッチングサービスが、この時代の出会いの主流になろうとしています。

 

ただし、いわゆる恋活サービスや婚活サービスは名前が似ていることもあって混同されることも多く、目的にあったサービスを利用しないと、会員層が異なったり、出会いの目的が異なるお相手との出会いばかりとなってしまい、真剣交際への道は遠回りになってしまいます。

 

 

マッチングアプリやマッチングサイトの種類とは?

 

WEB上では出会いを見つけるさまざまなサービスがあります。
呼び名は会社によって異なりますが、おおむね以下の3種類に分かれます。

 

 1.恋活アプリ(婚活一歩手前の真剣な恋愛)
 2.婚活サイト・結婚相談所(結婚を前提)
 3.出会い系サービス(遊び目的)

 

婚活と恋活は似ているようで異なります。
婚活系のサービスは「結婚を前提とした」真剣交際が目的ですが、恋活アプリは「いますぐ結婚を前提というわけではないけど、その一歩手前の」真面目な交際が目的です。

 

一方、出会い系サイトはライトな恋愛や遊びの出会いが目的のサービスとなっています。

 

似たようなサービスと思われるかもしれませんが、利用者層や出会いの目的が異なるので注意が必要です。

 

 

婚活サービスの種類とは?

 

結婚を目的とする婚活サービスにしぼってさらに分類すると

 

 1.マッチング型結婚相談所
 2.仲人型結婚相談所
 3.婚活サイト
 4.婚活パーティー
 5.婚活バスツアー

 

の5つに分けられますが、結婚相談所や婚活サイトの中には、会員に対し婚活パーティーなどのイベントを企画、提供しているサービスも多くあります。

 

婚活パーティー

 

また婚活サービスは、初婚の方のみだけではなく、再婚希望の方も多く会員登録されています。

 

すぐに結婚したいなら、どの婚活サービスを選ぶべきか?

 

すぐに結婚したいなら、婚活系のサービスを選ぶべきですが、やはり婚活サービスにも、いろいろ種類があります。そして、どのサービスを選んでも成婚できる可能性は同じかというと、残念ながら異なります。

 

婚活成婚率

 

三角の底辺の方は、「無料サービス」が多いので利用するユーザーも多いですが、現実的には「マッチングサービス」がないので、出会いから結婚へと発展するカップルは少ないようです。

 

その反対に頂点に近づくにつれ、利用料金も必要になる代わりに提供されるサービスも手厚くなります。

 

成婚率という考え方から見ると、頂点に近いほど真剣に結婚を求めている方が多く利用しているため、成婚率は高いと言えます。

 

お互いの条件がマッチしないと婚活は成功しない

当たり前の話ですが、お互いの条件がマッチしないと婚活は成功しません。

 

いわゆるミスマッチと呼ばれるものです。

 

 

女性からの条件はシビアです

 

女性から男性に多いミスマッチが、収入、年収の条件です。

 

例えば、30代女性の65.5%が、「年収400万円以上」の条件を男性に出しています。

 

30歳女性条件

国民生活センター 特集「婚活のゆくえ」 http://www.kokusen.go.jp/

 

しかしそれに対し、30代未婚男性の「年収400万円」は、26.7%に過ぎません。

 

さらに「年収300円未満」が45.4%を占めるというのが現実です。

 

もちろん20代はそれより低く、「年収300円未満」が65.54%です。

 

30歳男性年収

国民生活センター 特集「婚活のゆくえ」 http://www.kokusen.go.jp/

 

ついでに「身長の条件」ですが、170cm以上の男性は約50%。175cm以上となると20%以下になるそうです。

 

女性は男性に比べ、関心事項や条件がたくさんあるみたいです。

 

もし婚活がうまくいかないと思ったら、一度男性に対する条件を見直してみてはいかがでしょう?

 

Check!

 

 未婚女性は男性への条件が高すぎる

 

 

 

 

男性は交際経験が少ない

 

実は未婚男性の多くは、交際経験が少ないようです。

 

男性は交際経験が少ない

 

20代の未婚男性で交際中だという人は約20%にすぎません。それに対し女性は約40%が現在交際中。

 

このギャップは30代になっても変わらないそうです。

 

また過去に交際経験があるに条件を拡大しても、20代の未婚男性で40%、30代でも約30%しか交際経験がないのです。

 

交際結婚に慎重になりすぎないよう、自信を持ってもう少し積極的に女性にアプローチしましょう!

 

Check!

 

 未婚男性は結婚したいが交際未経験

 

 

 

すべての未婚の男女にあてはまるとは思いませんが、このような特徴、傾向があるようです。

 

まずはご自身の条件希望が、世間の常識や平均から逸脱してないか確認してみましょう。

 

もしここにミスマッチがあれば、いくら結婚相談所をいくつも登録しても、成婚の確率は1%以下かもしれません。

 

 

 

1年以内の結婚したいなら

30代が近づくと結婚へのプレッシャー

 

20代後半の方に「結婚したいですか?」と尋ねると、ほとんどの方は「結婚したい!」との答え。

 

出会いがない

 

結婚したくないわけではないのですが、現実的にはなかなか結婚できない方が増えてきています。

 

しかし、まわりの同級生や同僚は次々結婚していくので、そのうち焦りも出てきています。

 

既婚者増える

 

そして親からも、なにかにつけ結婚を促す一言が。。。

 

ストレス 婚活

 

「まだ結婚しないのか?」

 

なにげないその一言がプレッシャーになり、いつしかストレスに。。。

 

こんな経験ありませんか?

 

いくら晩婚と言われるこの時代でも、晩婚になればなるほど、お相手候補は次々既婚者になってしまいます。

 

わかってるんです。

 

いまの環境、生活スタイルのままでは、結婚相手を見つけられないことくらい。。。

 

でもそう簡単には諦められません。

結婚をあきらめない

 

特に女子は、自分より若い世代が婚活争奪戦に参戦してくるので、結婚相手を見つけるのは難しくなる一方。。。

 

出会いがない

婚活にまつわるデータより https://www.mmnnet.co.jp/pr/konkatsu/index.html#part1-1

 

この表は、男性から見た結婚相手(女性)の年齢についての許容範囲についてを示してますが、

 

・女性は自分より年下の男性を選ばない

 

・男性は自分より年上の女性を選ばない

 

一見どちらも同じような条件に見えますが・・・

 

この条件なら年を取るにつれ、女性にとって年上の未婚男性は減少しますが、男性にとって年下の未婚女性は、確実に毎年増加していきます。

 

さらに男性にの女性に対する年齢のストライクゾーンは広くなっていくので、未婚女性にとっては、自分より年下の年齢層が年々ライバル化してしまうということなのです。

 

もちろん、男性も年齢が上がると、女性からの結婚条件(収入など)も上がるので、単純に婚活が簡単になるというわけではありません。

 

 

自力で婚活する自信のない方は結婚相談所も選択肢となります

今すぐにでも結婚した、30歳までには絶対結婚したい、1年以内に結婚したい!など、早く確実に結婚したいなら、結婚相談所を選びましょう。

 

晩婚とか言われる昨今ですが、なかなか結婚できないのは、「出会い」の機会が減少していたからなのです。

 

では「出会い」の機会を増やすには、男女お互いに出会いを求め合っている場所に参加すればいいのです。

 

特に結婚相談所は、結婚したい男女が集まっている出会いの場なので、とりわけ高確率で出会えるのです。

 

 

 

やっぱり婚活はしないよりしたほうがいい!

国民生活センターの調査によると、婚活経験者に「婚活が結婚につながったか?」という質問をしたところ、25%が婚活で知り合った相手と結婚したとのことです。

 

また「婚活の経験や知識が結婚につながった」という人は、男女とも約40%にも達したそうです。

 

30歳婚活

 

さきほどの調査結果によると、特に男性は恋愛に慎重なので、「誰かの後押しやサポート」必要です。

 

また女性は、「男性への結婚条件」が適正なのかマッチングチェックが必要です。

 

 

 

マッチングは成婚への近道です

婚活を始めると決めたなら、できるだけ早く結婚したいはず。それなら、無駄な時間、ムダな交際は極力排除しましょう。

 

特に30代女性なら、結婚後の妊娠、出産、子育てを考えると、少しでも結婚は早い方がいいです。

 

妊娠率

 

35歳を過ぎると、1年間で自然に妊娠できる確率は約50%となり、さらに年齢とともにその確率は低下してしまいます。

 

そして逆に不妊率は30歳を過ぎるころから急上昇します。

 

またその後の出産や子育てに必要な体力を考えると、はやり婚活に無駄な時間をかけられないことがわかります。

 

結婚相談所

 

だから、合コンや婚活パーティーよりは、より出会いの機会が多い婚活サービスの利用がおすすめなのです。

 

婚活サービスを利用することによって、ネットでの会話はもちろん、オフラインの婚活パーティーなどリアルイベントも充実しています。

 

婚活サイト

 

もしかして来年の今頃は・・・?

 

結婚できる

 

たしかに結婚相談所は数万円からの費用がかかります。また、婚活サイトも有料会員なにると、毎月数百円から数千円の費用がかかります。

 

しかし、短期間で確実に結婚したいなら、婚活サイトのサポートや結婚相談所のマッチングを利用すべきです。

 

特に男性は、「結婚したい」が「交際に消極的」な方が多いので、サポートが必要です。

 

結婚できる

 

婚活サイトを利用すると、多くの方が数か月以内に交際と開始しているようです。

 

なかには数か月で結婚された方もいらっしゃるそうです。

 

結婚相談所の中には、年間1万人以上が成婚に至ったとの実績も。

 

成婚できた

 

「来年の今ごろは・・・♪」を楽しみに婚活を始めてみませんか?